罪悪感で太るという現実

ダイエットに関するお仕事を長いことしていますが、『食べることへの罪悪感』を持つ女性が非常に多いです。

意識が高く高い理想を持った女性が増えれば増えるほど、食べることに罪悪感を感じる方もまた増えているのを感じています。

『ダイエット中なのに食べ過ぎてしまった…』

『お菓子は控えてたのについ食べてしまった…』

実はその罪悪感こそが太る原因なんです。

◆ チョコレートケーキは罪?!◆

ある300人を対象にした調査によると、

チョコレートケーキを間食として食べてもらい罪悪感を感じたか or 幸せを感じたかアンケートをとったところ、

「罪悪感を感じた」・・・27% 

「幸せを感じた」・・・・73%

という回答を得られました。

さらにその300人の方々の一年半後を追跡調査したところ、なんと「罪悪感を感じた」グループの人の方が体重が増加傾向だったそうです。

これはダイエット中でも「食べることに幸せを感じる」思考の持ち主の方が心身のコントロールが上手でダイエットも成功しやすい!

ということ。

ではどうしたら罪悪感を無くすことができるのでしょうか?

それは、『食べる=キレイになる』と考えること!

食べると太ると思い込んでいるから本当に太るんです。

内臓がきちんと働いていて消化・吸収・排泄がスムーズに行われていれば、日々の食生活で普通に食べていても太りません。

つまり、食べても燃やせる身体であればなんの問題も無いということです。

甘いものや油ものを多くとってしまったときも、

『明日はちょっと量を控えめにして、胃腸に優しい野菜スープにしよう』など、すぐにリカバリしてあげればOK。

内臓を労ってあげることで代謝力を高めることが出来るんですよ。

大事なので何度も言いますが・・・食べても燃やせば太りません。

食べる=太る というのは完全に思い込みです!!

食に対しての罪悪感を手放して好きなものも食べながらポジティブにキレイを作っていきましょう♪

LINE@でプチ動画セミナー『ダイエットの成功率を10倍UPさせる方法』をプレゼント中♪

友だち追加

関連記事

  1. ダイエットに根性や忍耐なんて必要ない

  2. 『ダイエット=やせる』ではない!

  3. 食べる前の3つの魔法の質問

  4. 幸せに過ごすために必要な〇〇力!

  5. 食べてる時何考えてますか?

  6. 「安い!」を理由に食べ物を選んではいけないワケ

  7. 劣等感が原動力のダイエットは100%失敗する

  8. なぜダイエットには『やせる思考』が重要なのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@でプチ動画セミナー『ダイエットの成功率を10倍UPさせる方法』をプレゼント中♪

友だち追加